1人で150人を教えるすごい先生。公民館スクールの成功条件とは?

「え??1人で150人も??」

と思わず聞き返してしまいました。

先日、開業相談に来て頂いた方なんですが・・

一人で150人以上を教えているすごい先生でした。

確かに多いですが、

インストラクター専業の方であれば、そのぐらい生徒を教えている先生は少なくありません。

しかし

その方、何がすごいって

他社の生徒ではなく

自社スクールの生徒が150人です。

場所は地方にある数か所の公民館。

しかも先生はその方1人。

僕的には、モンスター級の先生です!(笑)

もちろん技術も高いと思いますが、人間的な魅力でそこまで愛されているんだろうな~と思いました。

そこまで生徒がいれば、テナントでスクール開業しても成功間違いないです。

 

これから公民館でスクールを開業すべきか。

上記の例、ほとんどの方は真似しようにも真似できないでしょう。

例えば、僕が住んでいる地域では、公民館は人気過ぎて毎回抽選で選ばれます。

しかも選ばれるのは通常非営利の団体です。

隠れ商売しているようなスクールは、最近厳しくなり、値上がりしたり、貸してくれなくなっています。

そして何より、競合が多いので1人の先生にそこまで人気が集中する事はありません。

このように地域によって公民館でダンススクールを営業するのは、かなり難しくなっていますね。

またスクール経営という観点でみると、公民館はやめた方がいい。

本来は、地域住民の方が個人的に利用する所なので、組織で商売する所ではありません。

 

それでもやる!という方のために…”公民館スクール成功の条件”

しかし場所によっては、競合がほぼいなくて、公民館も営利で普通に借りれる地域はまだまだあるみたいですね。

お金がないし、1人でスクールをやってみたい!という方は、

以下の5つの条件のうち、4つほどマッチすれば、レンタルスタジオや公民館でも成功し易いと思います。

☑競合がほぼいない
☑場所の予約がほぼ確実に取れる
☑場所代が超安い
☑ニーズが高い
☑講師のポテンシャルが高い(自己判断で…)

スクール開業では初回の集客がネックです。

普通にテナント開業しても来てくれますが、元々の生徒がいれば安心ですよね。

150人とは言わず、50人でも集まればテナントでのスクール開業はかなり楽になるでしょう。

時間と労力をかけられる方は、条件次第で公民館やレンタルスタジオでスタートするのもありかもしれませんね。

関連記事

  1. 知り合いに頼む?業者に頼む際に大事なこと

  2. 成功率を上げる!開業前の勉強方法

  3. みんなここで失敗する。趣味ビジネスで儲からない理由。

  4. ダンススクールのエリア戦略~スタジオの平均家賃は〇〇万!~

  5. ダンススタジオは以外と参入障壁が高い

  6. ちょっと待って!ダンススクールはスタート前に勝負が決まる

  7. 将来、自分のスクールを作りたい!というあなたが持つべき覚悟の話

  8. <公民館でスクール開業>をおススメしない訳

  9. 開業したいけど。。とモヤモヤしている暇があれば、人に会いにいこう

PAGE TOP