ほぼノーリスクでスタジオを開業する方法

ほぼお金のリスクを負うことなく、スクールを開業する方法があります。
みなさん興味ありますか?

普通、そんな上手い話はありません。
ビジネスにはリスクが付きものです。
「怖いから、まったくリスクを取りたくない!!」
という方は、会社員や会社から仕事を貰って個人事業で働く方が向いています。

とは言え・・
お金がないし、大きな失敗もしたくない、リスクなく自分のスタジオをやりたいんだー!!

という方に向けて今日は書いていきます。
お金を使わない代わりに必要な事が2つ。

・時間
・労力

そう、気合いで頑張れば大したリスクもなく

夢のスタジオオーナーになれます。

しかも月々50万、100万の収入を得る事も可能です!!

なんだか高い情報商材を売り込みそうな入りですが、
何も売りません(笑)
このやり方は、沢山のオーナーが実践してきている事です。
では早速見てみましょう。

まずはリスクを考える

みなさんが漠然と思う開業のリスク(怖さ)を解説するとこうなります。
通常スクールを開業する場合、テナントを借り、工事し、ゼロから生徒を集めていきますよね。小規模スクールでも初期投資額は300万~500万、毎月の費用は30万~50万です。
例えば、初期投資額300万、運転資金200万。計500万でスタジオを作るとしましょう。
毎月の費用は40万とします。(賃料20万、外注講師料10万、その他諸経費10万)
その場合、もし生徒が0人でも毎月40万の費用がかかります。
売上40万以上あげないと、ずっと赤字が続きます。
開業したての頃は、マイナス40万→マイナス30万→マイナス20万→マイナス10万という具合に赤字幅を減らしていく戦いになるでしょう。
上記例でいうと、合計100万の赤字です。
このまま順調にいけばいいいですが、、場合によっては、マイナス20万で止まってしまう事もある。
その場合、1年で赤字幅が200万。
運転資金の200万を使い果たしたら・・・
追加の借り入れに奔走するか、辞めるか判断しなくてはいけません。
ここでやめれば別で働いて借金を返すことになります。
赤字のまま営業し続けると、最後には何も支払いが出来なくなり、
最悪の場合、自己破産。。
借りたお金は、保証人が支払う事に。。
弊社はこの直前までいきましたが、、考えるだけで怖い。
これがスクール開業のリスクです。

ほぼノ―リスクで開業する方法

前章で書いた例で考えると、毎月の費用が40万でした。
その為、売上40万になって初めてプラスマイナスゼロになります。
もうお分かりかと思いますが、ほぼノーリスクで開業するとは・・

開業前に毎月の費用分の売上を確保しておくこと

上記の場合、テナントを借りる前に、”毎月”40万の売上を作るということです。もしレンタルスタジオや公民館で間借りのスクールを開業し、毎月40万以上の売上が上がっているとしましょう。
その地域にテナントで開業をして、スクールの拠点を移します。
生徒さんに通う場所を移動してもらうだけです。

例え300万かけてスタジオを作ったとしても、毎月の収支はプラスマイナスゼロです。
テナントでの開業後に、売上が減るなんて事は通常ありません。
売上40万から50万にするだけで、赤字のリスクも借入返済が滞るリスクもありません。
ほぼノーリスクで黒字スクールの出来上がりです。

(え。結構難しいじゃん・・)

と思いましたか?
ただ聞いてください。

事前に作るのは月収40万ではなく、売上40万です。
8000円の生徒さんを50人集まれば良いだけです。
そして40万売り上げれば、そのお金は全部使っても構いません。
場所代20万、外注講師10万、自分の収入が10万の内訳でも良い。

どうでしょう。
少しハードル下がってきましたね。



実際にスタートするには?

では実際にどうスタートするか。
ほぼノーリスクで開業するという前提でお話ししますと。

まずは超安い場所を借りて、ミニスクールを開業してください。
公民館でも、レンタルスタジオでもOKです。
週1レッスンからでも良いです。
SNSで告知すれば、広告費はゼロ円。
コストがかかるとすれば、レンタルする場所代のみです。

このようにお金を使わず、知恵と時間と労働力を使い、そのレッスンをやり続けてください。
目標の売上が上がるまで、そこで生徒を増やし続けます。
期間はあなた次第です。
1年かもしれないし、10年かもしれない・・

たったこれだけです。正直、誰でも出来きますよね。人を集めるのが難しいだけです。

小さい種を植えて時間をかけて育てていくイメージ。ちゃんと水をあげながら、ゆっくり根気よくやっていけば、いつか花が咲くでしょう。

最後に

上記の方法は、長い時間かけても、思うように生徒が集まらない場合があります。
大きなお金を失うことはありませんが、時間と労力とちょっとのお金を失うリスクがあります。
あくまで趣味の延長で、あわよくばスタジオ作りたいな~という方はこの方法がいいでしょう。
しっかり収入を得たい!と考えているなら、お金をかけてテナントで開業しましょう。

あなたは、ほぼノーリスクで開業する方を選択しますか?
お金をかけてテナントで開業しますか?

P.S.開業したときの毎月の費用が分からない場合、まずはメルマガをご登録ください。イメージが出来ると思いますよ。

関連記事

  1. 好きな事をスクールにする第一歩。まずは週10レッスン受け持とう

  2. 開業したいけど。。とモヤモヤしている暇があれば、人に会いにいこう

  3. 経営に行き詰っているオーナーは、ビジョンの力を信じよう

  4. 事業資金の借入は正義か悪か~Aさんの開業物語~

  5. ちょっと待って!ダンススクールはスタート前に勝負が決まる

  6. 知り合いに頼む?業者に頼む際に大事なこと

  7. 1人で150人を教えるすごい先生。公民館スクールの成功条件とは?

  8. 小さい開業する?大きく開業する?メリットデメリットで比較!

  9. スタジオ開業の『不安』と『恐怖』を乗り越える!

PAGE TOP