【カリスマ】or【裏ボス】、あなたはどっちのタイプ?

経営者はザックリ分けると2タイプいます。

・ガンガン表に出て、売上を自ら作るカリスマ経営者
・表には出ず、仕組みを作って売上を上げる裏ボス経営者

どちらが優れているという訳ではありません。どちらのタイプでも成功している方は沢山います。
あなたがどちらのタイプかで、攻め方が全然変わってきます。
あなたはどっち?

カリスマ経営者タイプ

基本表に出ることが好きで、どんな人ともすぐに打ち解け、人脈を広げて行きます。
自分で新天地を開拓し、自分で売上を作る事が出来ます。あのスクールといえばあの人だよね。と言われるほど有名になっていきます。
石橋はあまり叩かず、勢いで渡るので、たまに大きな失敗をします。
苦手な事は守りです。マネージメントや仕組みづくり。カリスマな分、 自分にしか出来ない、、これが最大の弱点です。しかし小規模スクールであれば、1人の力で十分売上を作ることが出来るでしょう。

裏ボスタイプ

基本表に出る事があまり好きではありません。自らガンガン売上を作るよりは、コツコツ仕組みを作り、うまく人をマネージメントとして確実な売上を作っていきます。お客様からは見えず、知らない人もいるでしょう。
石橋を叩きながら、小さな失敗を繰り返して渡ります。
苦手な事は、攻めです。あまり表に出ない分、新規事業や他社との提携など機会が少ない。またやったとしても部下にやらせるので結果が出るのに時間がかかるでしょう。
しかし小規模スクールなら、仕組みのみでも十分売上を上げられます。



それぞれの戦い方

タイプによって今後の戦い方は変わってきます。間違っても苦手な事をできるようにしようとは思わない方がいい。
なぜなら、向いてないからです(笑)
じゃあどうするのかというと、、
良いところを伸ばせばいい。

カリスマ経営者の戦い方

守りが苦手なので、その人脈力で二番手に裏ボスタイプを引っ張ってきましょう。その二番手さえマネージメントすれば好きに攻められて、どんどん成長していきます。気をつける事といえば、二番手の人選です。ここを失敗すると、内部からジワジワ崩壊していくでしょう。いっそのこと外注してしまうのも手ですね。

裏ボス経営者の戦い方

攻めが苦手なので、そのマネージメント力で攻めの組織を作ることです。どんどん新たな提案させ、実行させましょう。気をつけるのは、石橋は叩きすぎないこと。慎重になり過ぎて、攻めるのが止まった時点で崩壊が始まります。

 

隣の芝は青い

沢山人脈を広げて、どんどん新しい事をしていくカリスマ社長が「この案件で超儲かったよ」なんて話を聞くとうらやましいなーと思うでしょう。特に自分では動かずに、「毎月結構利益を出てるよ」という裏ボスタイプの話を聞いてもうらやましいと思うものです。
しかし、隣の芝が青くみえるだけ。正直隣の芝生なんてどうでもいいんです。自分のタイプに合わせて攻めていけばいい。しかもどれだけ成功しても、上には上がいますからね。いちいち劣等感を抱く必要は一ミリもありません。

 

僕のタイプは裏ボス

僕は元ダンサーのくせに、裏ボスタイプです。僕よりできる人がいるから、その人に任せよう!という発想になります。なぜか毎回そうなるんですよね。まあそうやって仕組みを作り、人に任せていくと、、
自分の仕事がなくなります(笑)
それはさておき、僕がコンサルをやっているのも、仕組みづくりが得意だからです。
大体ダンサーやヨガなどインストラクターの方はスター性があるカリスマタイプが多い。だから仕組みやマネージメントが苦手なんですよね。代わりに作りますよ。というのが実際の僕の仕事です。

 

最後に

高校時代からの友達にマッサージ系のお店をやっている人がいます。その友達、まさにカリスマなんですよね。どんどん人と繋がってどんどん新しい事をしていく。新規にフィットネス系を始めたと思えば、ビルなんか建てちゃって、次に物販を始め、コンサルまで始めようとしている。
その友達に、なんでそんなに色々始めてるの?と聞いてみました。

「だってビジネスは止まったら死ぬからさ」

と一言。攻め続けないと生き残れないという意味でしょう。
うーん。たしかに。どちらのタイプにも言えるでしょうね。

さて、あなたはどっちのタイプでどう攻めていきますか?


➡ 教室開業・経営改善の無料相談はこちら


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. みんなここで失敗する。趣味ビジネスで儲からない理由。

  2. 仕事を人に任せる方法~自由な時間を手に入れよう~

  3. 以外と知らないダンスインストラクターの契約形態と支払い方法

  4. PLとBSとCFの話、最低限これだけは知っておこう

  5. 貸スタジオでやるスクール、経営の悩みはこう解消しよう!

  6. ダンススタジオは以外と参入障壁が高い

  7. 事業資金の借入は正義か悪か~Aさんの開業物語~

  8. 金をかけるな!?売上を上げる第一歩【とても大事な話】

  9. 『マンネリ化=衰退』 スクールのマンネリチェックと対処方法

投稿月

人気記事

  1. ダンサー
PAGE TOP