インストラクターが収入をあげる5つの方法

ダンスインストラクターは面白いですが、収入に関してはかなり厳しいのが現状です。
正直、趣味でやっているぐらいがちょうど良いかもしれません。
みんながやりたいキラキラした仕事って収入が低いのが当たり前なんです。
キラキラした仕事は、役者やミュージシャン、美容師にアパレル、モデル系などダンスだけに限りません。
やりたい人が多いから、競争が生まれて結果的に収入が低くなる。全体的には・・ですからその中でも高収入の人は沢山います。諦めずに頑張りましょう。

今日はインストラクターが収入を上げるヒントを書きます!

1、インストラクター専業であれば週15本以上やるべし。

週6回で1日2本~3本やれば週15レッスン受け持てます。
ここまでくるのに、3年~5年はかかると思いますがやってやれない事はないでしょう。
実際、専業インストラクターは週平均10本~20本です。
週15本で年収で200万~300万ぐらい。週20本まで頑張れば、400万~500万いくでしょう。

レッスンを増やすにはコツがあります。

始めはフィーは安くても気にしない事です。
取引先を増やして、経験値を増やし、信頼関係を構築してください。そして金額に関係なく全力でやり続けてください。スクールはそんな先生に高いフィーを払い、多くのレッスンを任せたいと思っています。
その内、レッスン数が増えて、単価が上がっていきますよ

※注意事項・・初めから高いフィーを要求したら、恐らく取引先は増えないでしょう。

ただ・・問題はここからです。
インストラクターとは対人サービス業です。自分が直接サービスをしないと、売上が発生しない。
労働集約型ビジネスと言って売上には限界があります。
週30本のレッスンをやるなんて無茶ですからね。
ではこのようなビジネスでもっと収入を上げるには・・
どうすれば良いのでしょうか。

2、レッスン単価をもっと上げる

  • 集客動線を確保する
  • 自分を高く売る

単価を上げる為には、スクールが集客した生徒に教える立場から、あなた自身が集客する状況に切り替える事です。
生徒はあなたを目当てに来ているので、あなたの代わりはいません。ここまでくるとあなた自身が売上を作りだす事が出来、レッスン単価はあなたが決められます。
「フィーを上げてもらえませんか?」とお願いする立場から、「私のフィーはこうです。」
と言える状況になります。

これで平均の倍以上の収入を得られるはずです。
知名度を上げ、あなたのファンを増やす事で、自分で集客する事が出来るようになります。

※注意  知名度が高くても、自分で集客出来ないなら、高い単価を継続するのは難しいでしょう。

別のやり方もあります。



3、自分でスタジオを開業する

  • あなたがお金をかけてスタジオを作り
  • あなたがビジネスの仕組みを作り
  • あなたがお金をかけて集客し
  • あなたの代わりに人に動いて貰う

ザックリですが、これがスクールオーナー兼経営者の仕事です。
講師業と経営者は同じダンスビジネスですが立場や役割は大きく違う。
1、2、では自分が動いて収入を得ていましたよね。しかしスクール経営者は、人に動いて貰う事で収入を得る。
極端な話、50人でも100人でも人を使えば、50倍100倍ものサービスを提供する事が出来ます。
結果、オーナー兼経営者は講師業と比べて3倍、5倍の収入を得る事が出来ます。大きなリスクを追っているので、当然と言えば当然ですよね

※本来は、多くの人に動いて貰う事でレバレッジが効き、沢山の収入を得る事が出来ます。その為、自分でレッスンをやり過ぎないようにご注意ください。

自分は出来ないけど、収入はもっと欲しい!という方はさらにやり方があります。

4、お金を出して、ダンススタジオのオーナーになる

もし自分が経営出来ない場合、人に経営してもらう道があります。

  • あなたの代わりに経営出来る人を見つける
  • あなたがお金を出資する(株主となる)
  • 利益から配当を得る

株式会社として一般的に成り立っている仕組みです。あなたがビジネスオーナーとなって、経営者を起用する訳です。所有者はあなたなので、自分は気ままにレッスンを受けたり、自分でレッスンをしたりしても良いですよね。
最後は、この逆パターンです。

5、誰かに出資してもらってスタジオを開業する

  • お金を出資してもらう
  • 出資してもらったお金でスタジオを開業する
  • 経営者兼インストラクターになり、業績に応じて報酬を得る

誰かにお金を出して貰ってスタジオを開業するパターンです。この例は女性に多い。自営業の夫に出資してもらったり、知り合いの社長さんに出資してもらったり、彼氏がお金を出してくれたり。女性の方はお金を集めるのが上手いなって思いますね。知り合いの社長にビジネスプランをプレゼンすれば・・ひょっとしたら出資してくれるかも!?

最後に

インストラクターが収入を上げる5つの方法をご紹介しました。

1、インストラクター専業であれば週15本以上やるべし。
2、レッスン単価をもっと上げる
3、自分でスタジオを開業する
4、お金を出して、ダンススタジオのオーナーになる
5、誰かに出資してもらってスタジオを開業する

このように収入を上げる方法はある。そしてみんな収入を上げたいと思ってる。しかし本気で行動する人はほとんどいません。

あなたは・・どう考えて、どう行動しますか?


➡ 教室開業・経営改善の無料相談はこちら


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. ダンススタジオ開業の時、お金いくら必要?思ったより高い初期投資額

  2. 事業資金の借入は正義か悪か~Aさんの開業物語~

  3. 以外と知らないダンスインストラクターの契約形態と支払い方法

  4. みんなここで失敗する。趣味ビジネスで儲からない理由。

  5. レッスンに集客しなくなる意外な理由。当てはまったら要注意!

  6. インストラクターこそスキルを上げ続けよう

  7. 将来、自分のスクールを作りたい!というあなたが持つべき覚悟の話

  8. 1人で150人を教えるすごい先生。公民館スクールの成功条件とは?

  9. スクール開業はここからはじめよう!

投稿月

人気記事

  1. ダンサー
PAGE TOP