ちょっと待って!ダンススクールはスタート前に勝負が決まる

ダンススクールはスタート前に勝負が決まります。ダンススクールを始めるときは勢いで始める方が大半です。皆さんこんな感じではないでしょうか。

 

「テナント?なるべく安い所がいい!」

「先生?知り合い集めよう!」

「受講料?相場よりもちょっと安くしよう!」

「受付?知り合いに手伝ってもらおう!」

「生徒?知り合いにWEBサイト作ってもらおう!」

 

その気持ち。痛いほどわかりますが、ちょっと待ってください。少し落ち着いて考えてみませんか?

 

スタート前に売上が決まる

立地やテナントの大きさ、先生やフロントスタッフの選定、受講料、広告方法、受付オペレーションなどなど。1つ1つが売上、生徒数に直結します。例えば・・

  • 地域、スタジオ広さ、レッスン数、料金設定でほぼ売上は決まります。
  • 初回の広告で失敗すると、何年も売上で苦労する事になります。
  • 取って付けたようなホームページでは、集客効果はありません。

数え上げればキリがないという程、セオリーがあるんです。ダンススクール特有のセオリーもあれば、店舗商売の基本というセオリーもあります。

これだけは言えます、勝負はスタート前です。

 

開業前に、専門家や店舗商売の成功者にアドバイスを貰うべき

ダンスレッスンのスキルと、スクール経営のスキルはまったく違います。例え、講師歴10年の実績のあるベテランの先生が、急にスクールを作っても上手く行くはずがありません。

小学校1年生の子が、ジャングルで食っていこうとしているようなものです。ビジネスは弱肉強食の世界。すぐに自分が食べていく事もままならない!という状況に気が付きます。

まず、ジャングルでのサバイバル経験が豊富な人にアドバイスを求めましょう。

始めは一緒に行動してもらうのも良いかもしれません。ジャングルで生き抜くセット?!を用意してもらうのも良いかもしれません。一人でジャングルに踏み込む前に・・

(ややこしくなってきたので、例え話は辞めます)

 

感覚で開業して困っているなら、リスクを負って変化しよう

現在ダンスススクールを開業していて、食べていくにもままならないという方。もし困っているなら、経験豊富な方にアドバイスを求める事をお勧めします。スクールコンサルでなくとも、知り合いの店舗商売をしている方でも良いかもしれません。アドバイスは恐らくこうなります。

「ここをこう変えた方が良いですよ。」

例えば・・

  • 今の価格が安すぎるから、値上げの必要がある。
  • テナントを引っ越す必要がある。
  • まずコンセプトを変えた方がいい。
  • 〇名以下のクラスは全部閉鎖、新クラスを作りましょう。
  • 集金、受付オペレーションを一新する必要がある。

などなど。やっている方は分かると思いますが、かなりのリスクを伴います。しかし現状の延長線上の未来が見えないならば、リスクを背負って変化をするべきですね。

もちろん生徒や保護者の反発もあるでしょう。良い変更だとしても変化を嫌がる方は必ずいるからです。

今の常連の方が離れていってしまう危険。生徒や保護者、スタッフや講師陣の反発の可能性など・・

だから皆さん二の足を踏んでしまいます。一度潰して再度作った方が早い場合もあります。だからこそ、始める前がとても大事なんです。よ~く考えてスタートしてましょうね!

あとこれだけは覚えておいてください。上手く行かないときは、

人からのアドバイスを素直に聞いた方がよい。

もうすでにスクールがあり、どうしてよいかわからない方はご相談下さい。力になれるかもしれません。


➡ 教室開業・経営改善の無料相談はこちら


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 好きな事をスクールにする第一歩。まずは週10レッスン受け持とう

  2. 気になるスタジオオーナーの年収とは??目指すは年収〇〇万!

  3. 地味に高い!?社員雇用のコスト

  4. ほぼノーリスクでスタジオを開業する方法

  5. みんなここで失敗する。趣味ビジネスで儲からない理由。

  6. お金を使うとお金が入ってくる話

  7. 入会者獲得コスト

    広告費はここまで使える!1人あたりの入会者獲得コスト

  8. 開業したいけど。。とモヤモヤしている暇があれば、人に会いにいこう

  9. 広告費

    売上に対して使えるお金は〇%以下、売上の次に大事な費用管理

投稿月

人気記事

  1. ダンサー
PAGE TOP