生徒集客で絶対やってはいけない2つのこと

どこの業界もやってはいけない事ってありますよね。ダンススクール業界でも絶対やってはいけない事があります。これをやったら信用がなくなります。訴えられるかもしれません。もし一時集客して売上が上がったとしても、生徒は定着しないでしょう。

それは、業務委託で請け負っているレッスンの場合です。やってはいけないことを2つ上げてみました。

 

他社スクールの生徒を引っ張ること、勝手に告知すること

業務委託で1レッスン請け負っている他社スクールがあるとします。自分のスクールもあります。では自分のスクールの生徒を増やそうとして、他社スクールの生徒を呼び込む事は出来るでしょうか?

出来るけど、それは絶対にダメです。又、自社イベントなどに勝手に呼び込んではいけません。正直、それは生徒の勝手でしょ?と言われればそれまでですが、それとこれとは違います。ビジネス倫理的にダメなんです。もしその可能性があれば、クライアントに事前に伝えるべきではないでしょうか。ビジネスパートナーとして双方の合意がなければ、取引関係が破たんする可能性があります。

要は筋を通せということです。

 

他社スクールの生徒と直接金銭やり取りをする事。

衣装や小物、イベントのチケットを売るなど、許可なく勝手に商売をしてはいけません。契約書に”勝手に商売していいよ~”と書いてあるでしょうか。絶対に書いてありません。業務委託の本質は、自社の業務の一部を他社に委託する事。ダンス講師の場合は、レッスン業務を委託されています。それ以外は、委託されていないんです。その為、勝手に物を売りつける行為は、契約違反という事になります。

 

2つ書きましたが、それはダメだろ・・と思いますか?これは実際に多くのダンスインストラクターが行っている事です。恐ろしいのが、まったく罪悪感がない。

それには理由があります。ダンスインストラクターはどこでレッスンを行っていようと、生徒は自分のお客様と勘違いしています。

スクールを開講して、一から集客すればもちろん自分のお客様でしょう。但し、他社スクールに業務委託で行っているレッスンの生徒は他社のお客様です。

もちろんSNS発信すれば情報は誰でも見れます。お客様が”自ら”スクールからスクールへ乗り換える事は誰も何も言いません。又、先方の許可を得れば、問題ありません。しかしこれは覚えておいてください。

人の客には自分から手を出すな。


失敗談

僕が20代前半の頃。

あるスクールの講師を務めていましたが、そこを辞めて2つ先の駅にレンタルスタジオを借りてスクールを開校しました。集客の為に、自分の生徒全員に告知しました。

「ここ辞めるから受けたければこっち来なよ」って

うれしい事に自分の生徒の数人が新しいスクールに来てくれました。当時の僕には罪悪感のかけらもなかったと思います。案の定、数日後に元スクールのオーナーからお怒りの電話がきました。

「人の客を勝手に引っ張って、おまえ一言断りの挨拶ぐらいねーのかよ!!」

それはもうカンカンでした。。
人に怒られて身の程を知りましたね。生徒を戻せる訳もないので、謝り倒しました。その場はなんとかなったんですが・・・

<それから1年後>

その時の生徒の一人が上達してきて、自分のスクールの先生をやってもらう事にしました。しかし数か月後、人気が出てきた所で急に辞めてしまいました。そして近くでスクールを開校。結局スクールの半分の生徒を持っていきました。

自分がやった事を人にされた訳です。これには何にも言えません。生まれて初めて胃潰瘍になり。。もう生徒も半分いなくなり、潰れるかと思いました。

しかし自分でまいた種です。それから正直に一から自分で生徒を集める事にしました。

 

社会では【知らないは罪】になります。そして自分でまいた種は自分で刈り取る事になります。知らない事は勉強したり、人に話を聞いて知りましょう。そして種をまくなら、いい種をまきましょうね。

関連記事

  1. 金をかけるな!?売上を上げる第一歩【とても大事な話】

  2. 理想生徒があなたのスクールを作る!ターゲットを決める究極の質問

  3. 売上の上げ方は、生徒や保護者が教えてくれる

  4. そのホームページ、意味ありますか? SEOの合格ラインはココだ!

  5. レッスンに集客しなくなる意外な理由。当てはまったら要注意!

  6. 入会者獲得コスト

    広告費はここまで使える!1人あたりの入会者獲得コスト

  7. 一番効果的な生徒集客。紹介のパワーは絶大

  8. びっくりするほど集客するダンスインストラクターの法則

  9. やっぱりSEO対策しないと!これが検索順位別クリック率(2017年版)

PAGE TOP