理想のスクールを作る4つの質問、伸びるスクールはここが違う!

今のスクールで満足しているでしょうか。もしくは、今とは違う理想のスクール像があるでしょうか。

263aa97e788699dd6f7287800efb9ba4_s

「あるんだけど、全然前に進んでいない~」という方は、簡単な頭の整理をしてみてください。

次の4つの質問に答えてください。

理想のスクールを作る具体的な方法

 

1、あなたの理想のスクール像を、超具体的にイメージしてください。

思った事が全て叶う!という前提で、出来るだけ具体的にイメージすると良いですよ。

 

出来ましたか?

では

2、そのイメージを、数字に変えて答えてください。

どうですか?明確に答えられますか?

 

3、隣に現在の数字を書き出してください。

把握してますか?

 

4、その隣に理想値と現在値の差額を出してください。

その差額を埋めるのが、オーナーとしてのあなたの仕事です。そしていつまでにという期限を付けてみてください。

 

こんな単純な事です。理想を数字にする事でグッと現実味が出てきますよ。

コンサルタントとして、お客さんによく聞くんですけど。数字で答える人はほぼいません。だからこそただ漠然とこうなったら良いな。。で終わってしまうんです。

 

伸びるスクール、現状維持のスクール

実際にいた、対照的な2人のスクールオーナーの答えを紹介します。どちらも会員約150名のスクールを保有しています。

 

<理想のスクール像を数字で答えてください>

<Aさん>

え~っと。生徒をあと50人ぐらい欲しいかな。いないとやってけないんです。広告とか?とにかくどうしたらいいか・・

<Bさん>

生徒数は年間平均200人以上にする事が目標です。単価は1万円迄もっていきたい。レッスン数は25レッスン。フロントスタッフは1人。スクール売上は月200万、年間2400万。イベント売上は、年間600万が目標です。年商3000万、オーナーとしての報酬は除く利益率は40%、1200万以上を目指しています。

※数字は適当に書いています。

 

実際同じオーナーでも、このぐらいの差があります。多くの個人スクールオーナーは、Aさんタイプです。目標を達成するかは、神のみぞ知るです。

もちろん、Bさんの方が目標を達成出来る可能性が高い。Bさんタイプであれば、

理想と現実の”数字”を把握しているので、”何を”、”いつまでに”、”どのように”改善すれば良いかを大筋で理解しています。

そして自分では出来ない、分からないという所を人に任せます。

 

理想のスクールは変わってもいいです。是非やってみてくださいね。


➡ 教室開業・経営改善の無料相談はこちら


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 入会者獲得コスト

    広告費はここまで使える!1人あたりの入会者獲得コスト

  2. 小さい所は高く売れ!そして全力で働け!スクールの価格設定方法

  3. 『マンネリ化=衰退』 スクールのマンネリチェックと対処方法

  4. 利益が出過ぎるスクールと、利益が出ないジリ貧スクール

  5. ちょっと待って!ダンススクールはスタート前に勝負が決まる

  6. 経営が最も安定する料金回収システム、月謝引落(口座振替)のすすめ

  7. 考えている事が現実に起こる。上手くいく所、いかない所の違い

  8. 売上が上がっていくオーナーの考え方とは??

  9. 貸スタジオでやるスクール、経営の悩みはこう解消しよう!

投稿月

人気記事

  1. ダンサー
PAGE TOP