スクール経営で”一番”大事な話、みんなに愛されるスクールとは?

057018e8a3b40e0529b63d2f185fd9ab_s

オーナーも、事務スタッフも、先生も、生徒も「ここ最高、ここが一番」ってみんなが思っているスクールって強いんですよね。

そんなスクールには、毎日沢山の生徒さんが通っています。是非そうありたいですよね。

なぜそうなるんでしょうか。

オーナーに自信があるんです。溢れ出すぐらいの自信が。

オーナーの思いがスタッフ、講師、生徒を呼ぶ

例えば

  • ウチのスクールに来れば絶対上手くなる!
  • 絶対他よりも楽しい自信がある!
  • もっともっと生徒が輝かせられる!

などの自信を持っています。文字通り思いがあふれ出ているので、その人を信頼してみんなが付いて来てくれます。

さて、そのオーナーの自信って、いったいどこから来るんでしょうか。それは規模やサービス品質、技術が、同業他社と比べて優れているから?オーナーや先生が業界知名度が高いから?そうではありません。

根拠のない絶対の自信です。

大事なのは、このような溢れ出るぐらいの自信を持っているかどうか。「こんなスクールになったらいいなあ」ぐらいの気持ちでは、意味がありません。オーナーが心から思っていることのみが、スタッフや先生、そして生徒へ伝染していきます。言い換えれば、

私は絶対こんなスクールを作るんだ!っていう強い信念であり、それがスクールの理念です。

「地域社会への貢献」なんて超抽象的な言葉を使う必要はない。オーナーの自信や信念が、理念になるだけです。その理念がスタッフ、先生、生徒を呼び込むんです。だから言い換えると

スクール理念に共感してくれる人の数 = 生徒の数

です。これはマーケティングより大事な話。是非考えてみてください。

 

「ここ最高、ここが一番、自分の子供が出来たら通わせたい」

 

そんな風に愛されるスクールでいたいですね。


➡ 教室開業・経営改善の無料相談はこちら


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. スクールオーナーの仕事はレッスンじゃない!小さくても経営者

  2. 経営に行き詰っているオーナーは、ビジョンの力を信じよう

  3. みんな無駄なお金を使いすぎている~正しいお金の使い方~

  4. 成功するオーナーが実践するスピード経営

  5. 経営が最も安定する料金回収システム、月謝引落(口座振替)のすすめ

  6. 利益が出過ぎるスクールと、利益が出ないジリ貧スクール

  7. 地味に高い!?社員雇用のコスト

  8. お金を使うとお金が入ってくる話

  9. 昔ながらの広告は集客しない!広告費ゼロで集客する仕組みを作れ

投稿月

人気記事

  1. ダンサー
PAGE TOP