スクール開業はここからはじめよう!

最近、起業相談を受ける機会が多くて、よく質問される事があります。

それは・・

「まず何から始めればいいですか?」という質問です。

開業前は考える事がいっぱいで、頭の中でグルグルしますよね。

 

「場所はどこにする?」

「スタジオってどのぐらいの大きさにする?」

「レッスン料はいくらにする?」

「どうやって集客する?」

「講師ってどう集める?」

「講師ってどう契約する?」

「お金でどこで借りる?」

「そもそも全部でいくらかかる?」

 

このように・・ホントに色々な事を決めていかなくていけません。バラバラに決めても進みません。さらにグルグルするだけです。実はコツがあって。まず一番はじめにやる事があるんです。

そのコツとは・・・

 

スクール開業で一番初めにやること

 

テナント(場所)を探すことです。

 

スクール開業とは、場所ありきなんです。場所次第で、レッスン内容もターゲットも、金額も変わってくるでしょう。

そもそも色々決めても場所がなければ、開業出来ません。ビジネスのイメージはある程度、皆さん持っていますよね。だから現実的な第一歩を踏むには、テナントを探すことです。

 

テナントを探す方法

では具体的

1、開業する駅や市区町村の候補を3つ~5つ決めてください。

2、駅から何分迄の距離がいいか決めてください。

3、間取りや大きさをイメージしてみてください。

4、家賃を最高いくら出せるのか、考えてみてください。

5、最寄りの不動産屋に相談に行ってみましょう。

6、目ぼしい物件を、何個か見てましょう。

 

個人でも、ビジネス素人でも大丈夫です。不動産屋に行って、

「〇〇スクールを出来る物件を紹介してください。条件はこうです。」

というだけ。お金なんて1円もかかりません。もちろんすぐには契約しないでください。ただイメージを掴むだけです。もし不動産屋が不安だったらネットで調べても構いません。

これは、どうしていいかわからない状況で第一歩目を踏む方法です。これをやれば、起業開業に向けて一気に頭が回転してくるはずです。どうしよう~ってグルグルしているより、よっぽど前に進むでしょう。

是非やってみてくださいね!


➡ 教室開業・経営改善の無料相談はこちら


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. ダンススタジオ開業の時、お金いくら必要?思ったより高い初期投資額

  2. 小さい開業する?大きく開業する?メリットデメリットで比較!

  3. 知り合いに頼む?業者に頼む際に大事なこと

  4. 1人で150人を教えるすごい先生。公民館スクールの成功条件とは?

  5. ちょっと待って!ダンススクールはスタート前に勝負が決まる

  6. 好きな事をスクールにする第一歩。まずは週10レッスン受け持とう

  7. 事業資金の借入は正義か悪か~Aさんの開業物語~

  8. タブー視されるお金の話。あなたの目標年収は?

  9. 経営に行き詰っているオーナーは、ビジョンの力を信じよう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

投稿月

人気記事

  1. ダンサー
PAGE TOP