成功するオーナーが実践するスピード経営

人によって仕事を進めるスピードや、やり方は大きく違いますよね。スモールビジネスでは、その仕事の仕方が生命線になります。

Q:成功率の高いスタジオオーナーのタイプは?

突然ですが質問です。

以下、4つのタイプのスタジオオーナーいます。どのオーナーが成功率が高いと思いますか?

 

A:出来る条件が整ったらやる。という風に後回しにする人。

B:緻密に計画を立てて、計画通り着実に進んでいく人。

C:今日やろう、すぐやろう。という風に後さき考えずに進んでいく人。

D:ザックリ計画を立てて、最短で実行に移す人。

 

 

答えは・・・

D:ざっくり計画を立てて、最短で実行に移す人です。

では1つ1つ見ていきましょう。

 

A:後回しタイプ

このような人で成功している例を見たことがありません。残念ながらこのタイプの方が一番多い。何事も思いたったら第一歩を踏み出しましょう。

 

B:資料作り職人ー完璧主義者タイプ

一見成功しそうですが、そうではありません。時間をかけて計画書を作った所で、まったく意味がありません。日々状況は変化するので、計画通りに行くはずがないんです。そして緻密に計画を立てる時点でスピードが遅すぎる。スクール経営で必要な場合は、開業時、借入審査ぐらいでしょう。

 

C:直感勢いタイプ

会社の社長に多いタイプです。とにかくスピードは一番早い。まず”やる!”からスタートします。後付けで必要な事を整備するようなイメージ。資金力があれば、直感で動き続けても良いでしょう。その内、どんどん勝率が上がるはずです。このタイプの社長は、担当者に丸投げする方が多い。何より大きな成功をする可能性が高いですね。しかしスタジオ経営のようなコツコツした仕事には向かないです。

 

D:ざっくりイケイケタイプ

ざっくり計画して、速攻で実行に移し、成功失敗の結果を得る。その結果を踏まえて、再度計画して実行…という風に止まる事がない。デメリットは見切り発車だから度々失敗する事。しかしもし失敗しても落ち込む暇もなく、次の計画を立てる。成功しても満足する事なく、さらに成功する計画を立てる。計画と行っても、紙にすらなっていない事も多く、チームで把握していれば良しとします。Cタイプのように直感ではなく、計算の上で動くので成功率は高い。小さい成功を積み上げる事で、大きな成功に繋げます。

 

このように

スタジオ経営のようなスモールビジネスは、スピードが命です。

スモールビジネスで仕事が遅いなんて、なんの利点もありません。大きい所が出来ない事を、小さい所がフットワーク軽くやりきるから生き残れるんです。

だから

ざっくり計画してドンドン進みましょう

 

追伸

昔ですが、僕は完璧主義者だった頃があります。こだわりにこだわって、仕事をしてきて・・ある時、思いました。

自分のこだわりは、他の人はあまり気にしてない。

そして成功するかどうかに、ちょっとしか影響はない。

自分が納得しなくても、なんか上手くいってる事って沢山ありますよね。それはそれで正解ですから。

関連記事

  1. 変化をしないスクールは潰れるー体系的廃棄のすすめ

  2. 経営経験者を味方につける!共同経営で開業するというやり方

  3. ダンススタジオは以外と参入障壁が高い

  4. 苦手な事は人に任せよう~サークルからスクールへの道~

  5. スクール経営で”一番”大事な話、みんなに愛されるスクールとは?

  6. お金を使うとお金が入ってくる話

  7. ちょっと待って!ダンススクールはスタート前に勝負が決まる

  8. 今の時代にスクールが生き残るためには?~スクールの存在意義~

  9. 知り合いに頼む?業者に頼む際に大事なこと

PAGE TOP