PLとBSとCFの話、最低限これだけは知っておこう

タイトルの意味が分かる方はスルーしてください。

意味が分からない。。という方。

経営者になる為には、絶対に知らないといけません。

PL、BS、CFとは

難しい事は言いません。まずはこれだけ覚えれば十分です。

 

PLは、損益計算書(そんえきけいさんしょ)のこと

毎月、毎年の売上、費用、利益が分かる表。

 

BSは、貸借対照表(たいしゃくたいしょう)のこと

資産(会社の財産)、負債(会社の借金)、純資産(資産ー負債)が分かる表。

※バランスシートという

 

CFは、キャッシュフロー計算書のこと

現金の出入りが分かる表

 

正直、簿記の知識はそこまで必要ない

僕は元々営業目標は作成していましたが、経理はさっぱりでした。

そんな僕も独立するときに、「経理ぐらい勉強しよう!」と本を3冊ほど買いましたね。”世界一簡単な簿記”とか、”これだけ分かれば大丈夫!経理の仕事”とか、そんなような本を一通り読もうとしましたけど・・結果

「意味が分からない・・読むのやめよう・・」

と断念。

いやホント、簡単とか言っておいてかなり難しいんです。

そんな僕が今では、必要な分だけ覚えて経営出来ているんだから。苦手な方も希望を持って頂きたいです。経営とは数字との戦いですからね。

僕は試行錯誤してきて、気が付いたことがあります。

今の時代、スモールビジネスでは簿記の専門的知識はあまり必要ない。

そもそも簿記の資格は必要ありません。知ってた方がかなり楽ですけどね。実際、クラウド会計を使えば、簿記の知識はあまりいらないんです。インポートで記帳したら、BSもPLもCFも勝手に作ってくれます。まだ登録していない人は是非登録してください。

 

無料で使えるおススメのクラウド会計(スポンサーリンク)

★ウチの会社で使っているのがコレ!(個人事業~小さい会社向け)
無料から使える会計ソフト「freee(フリー)」

★ここは完全無料!(個人事業向け)
やよいの白色申告オンライン

そしてわからない事はネットで検索するだけ。これだけで経理なんて出来る。但し、ここだけは覚えておいた方がいい。という事があります。それは・・

PL、BS、CFの読み方

読み方がわかれば、ビジネスを発展させるために何をすれば良いのかがわかります。気になる方は、ネットで検索してみてください。

次回ブログでは、スモールビジネスの数字の見方を説明しますね。

関連記事

  1. スクール経営で”一番”大事な話、みんなに愛されるスクールとは?

  2. ダンススタジオは以外と参入障壁が高い

  3. スクール経営

    毎日最低30分は経営を考える時間を作れ

  4. 小さいスタジオの数字の見方

  5. ちょっと待って!ダンススクールはスタート前に勝負が決まる

  6. スクールオーナーの仕事はレッスンじゃない!小さくても経営者

  7. 経営に行き詰っているオーナーは、ビジョンの力を信じよう

  8. 変化をしないスクールは潰れるー体系的廃棄のすすめ

  9. 事業資金の借入は正義か悪か~Aさんの開業物語~

PAGE TOP