スクールは最強のビジネスモデル!?

世の中には様々なスクールがありますよね。英会話や、お料理教室、ヨガスタジオにダンス教室、スイミングスクールなどなど。実は・・

スクールとは、とてもよく出来たビジネスモデルなんです。

 

スクールは最強のビジネスモデルだ

 

潰れる会社、潰れない個人スクール

国の統計では世の中の会社は、創業から1年以内に40%が潰れています。びっくりですよね。そして3年以内に70%が潰れています。さらに10年後には95%が潰れているんです。。怖いですね。

一方、スクールはほとんどが個人事業です。開業届すら出さない所が多いので、統計なんて出ていません。しかし上記統計を見て、飲食店が1年以内に半分近く潰れているというのは何となく理解できます。しかしスクールを開業して1年以内に潰れるなんて聞いたことがありません。

なぜでしょうか。スクールというビジネスモデルがとても優れているからです。理由を見てみましょう。

 

スクールビジネスが最強な理由1

原価が安く、利益率が高い。

商売とは、50円~70円で仕入れて100円で売るようなイメージですよね。しかし個人スクールのほとんどはオーナーがレッスンを行います。自分でやっている分には原価(仕入れ値)0円です。半分アルバイトや外注講師にやってもらっても、費用は十分安く抑えられます。そのため、高い利益率を実現出来るんです。

 

スクールビジネスが最強な理由2

月額課金システム(月謝システム)

月額課金とは、毎月決まった金額を頂き、月単位でサービスを提供する事。

スモールビジネスは、リピートで成り立っています。例えば、気に入った飲み屋があれば、何度もリピートしますよね。そのリピートがシステム化されたのが、月額課金であり、スクールでいう月謝システムです。居酒屋だったら月額で払わないけど、ダンス教室だったら毎月お金を払いますよね。その為、スクールは広告に力を使わずにサービスに力を使う事ができます。

ではなぜリピートが成果につながるのか。以下、2つの有名な公式を見てください。

 

マーケティングの法則

5:1の法則

新規のお客様を獲得するコストが5、既存のお客様にリピートしてもらうコストが1。新規獲得は、リピートの5倍のコストがかかります。=リピートを促すべきという事。

だからこそ世のビジネスはリピートしてもらう為に、常に死にもの狂いです。DMや電話、メルマガ、電話、様々な手法を駆使して、何度も買っていただくように試行錯誤をしています。その難しい購買頻度を上げる事を仕組み化したのが、スクール・教室・習い事ビジネスなんです。

 

売上を上げる公式

顧客数×単価×購買頻度(リピート)=売上

売上を上げるにはこの公式しかありません。月額課金のスクールは、リピートがシステム化されています。そのため顧客数×単価となります。生徒100人で、月謝が8000円だとしたら、毎月売上80万が確定しているという事です。生徒1人でも入会して頂ければ、平均で1年~3年ほど通って頂く事ができます。月謝8000円で年間約10万、2年通えば生徒1人で20万の売り上げになります。

 

スクールビジネスが最強な理由3

期間の定めがない

スクールのサービスとは、コースを選択をして頂き、定期的に通って頂く。もし辞める場合、生徒自身が退会の手続きをする必要があります。通常のビジネスでは、期間を定めた契約を行っています。しかしスクールだと契約期間の定めがないんです!これってすごいですよね。

 

まとめ

スクールは最強のビジネスモデルだ。

1、オーナーが大半のレッスンを行うので、原価が安く、利益率が高い。

2、月額課金で、リピートがシステム化されている。

3、契約期間の定めがない。


➡ 教室開業・経営改善の無料相談はこちら


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. 仕事を人に任せる方法~自由な時間を手に入れよう~

  2. 最近はクラウド会計が主流、会計ソフトで経営者レベルを上げよう!

  3. 以外と知らないダンスインストラクターの契約形態と支払い方法

  4. 苦手な事は人に任せよう~サークルからスクールへの道~

  5. お金を使うとお金が入ってくる話

  6. 広告費

    売上に対して使えるお金は〇%以下、売上の次に大事な費用管理

  7. 金をかけるな!?売上を上げる第一歩【とても大事な話】

  8. みんなここで失敗する。趣味ビジネスで儲からない理由。

  9. 入会者獲得コスト

    広告費はここまで使える!1人あたりの入会者獲得コスト

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

投稿月

人気記事

  1. ダンサー
PAGE TOP