生徒目線でいると生徒が増えていく

最近のダンススクール生徒の傾向です。

  • 毎週レッスンに来ない
  • レッスンで習った事を練習してこない
  • 振付ばっかりやって基礎をやらない
  • ダンスの曲を全然知らないし、聞かない
  • フリースタイルで踊れないし、練習しない

あるあるですよね。昔は厳しかったので、このような生徒は相手にしてもらえませんでした。しかし今の生徒からすると、意味が分からないでしょう。

なぜなら、これは先生目線だから。

試しに、ダンスを初めた時を思い出してみてください。

やりたい時に、自分のペースで踊りたいと思っていませんでしたか?全然出来ない事があると、やる気をなくしませんでしたか?

生徒は、上手くなる為に踊っているのではありません。楽しいから踊っているんです。楽しくて踊っているうちに上手くなっていきます。

スクールの現場では、生徒がどうしたらもっとダンスが楽しめるのか考えてみてましょう。先生目線ではなく、生徒目線です。

「楽しい!」が続くと・・

生徒はどんどん上達し、沢山集まってきてくれますよ。

関連記事

  1. 一番効果的な生徒集客。紹介のパワーは絶大

  2. やっぱりSEO対策しないと!これが検索順位別クリック率(2017年版)

  3. 売上の上げ方は、生徒や保護者が教えてくれる

  4. 昔ながらの広告は集客しない!広告費ゼロで集客する仕組みを作れ

  5. レッスンに集客しなくなる意外な理由。当てはまったら要注意!

  6. お金を稼ぐための発想の転換 ~20歳で失敗から学んだ事~

  7. そのホームページ、意味ありますか? SEOの合格ラインはココだ!

  8. びっくりするほど集客するダンスインストラクターの法則

  9. 生徒集客で絶対やってはいけない2つのこと

PAGE TOP