人が多いスクールはスタジオがキレイ、人が少ない所はやっぱり汚い

スタジオを持っていると、スタジオの清掃が大変ですよね。少しでも物があれば、すぐにホコリが溜まってしまいます。大変さで言うと特に鏡!手あかや汗で曇ってしまいますよね。それにエアコンもやっかいです。1日ですごい量のホコリを吸いこみ、フィルターにびっしりと張り付いています。30坪のスタジオなら、1人で毎日1時間は清掃時間がかかるでしょう。

この厄介な掃除を毎日行ってるかどうかで、スタジオの経営状態が分かります。

 

経営が厳しい所は決まって汚い

コンサルタントとして、経営難のスタジオに訪問する時がありますが、決まってこんな感じです。

外に関係ない物が置きっ放し、ガラスが曇っている。玄関マットなんて何年も変えていません。中に入ったら、やはり関係ない物が目につきます。まるで自分の家のようです。鏡が曇っていて、モップはホコリにだらけ。。

そう、とにかく店が汚い!

経営難という事は、生徒が少ないという事です。生徒が少なくてこの状態だったら多くなったら、どうなってしまうんでしょうか。

しかし残念な事にこのようなスタジオでは、生徒は増えません。

 

清掃に手が回らない=生徒やスタッフ、講師に手が回っていない

スタジオがあるから講師は、レッスンをしに来てくれます。スタジオがあるから生徒は、スクールに通ってくれます。このようにスタジオがあるからスクールは成り立っているんです。そのスクールの命ともいえるスタジオを汚いままにしないでください。

しかし本当は毎日キレイにしたいけど、手が回っていない!というのが実情だと思います。ただこの状態ではスタッフや講師、生徒にも手が回っていないでしょう。もっと言えば、経理、労務、総務、広告、販促、開発などは壊滅。やっていたとしても、行きあたりバッタリでしょう。なぜそんな事が言えるかというと・・

掃除は店舗経営の基礎だから

ダンスでいうと、アイソレーションが全然出来ないのに、振付を踊るようなもの。先生なら5秒で分かりますよね。「あーこれは基礎が出来てないな」って。店舗経営も同じなんです。

 

生徒が多いスタジオは、決まってキレイだ

生徒が多いスタジオは、とにかく毎日忙しい。しかも講師数も多く、スタッフも雇用しています。夕方になると、人でごった返しています。けど決まってキレイなんです。外も中も、エアコンのフィルターも、トイレも、鏡の曇りもほぼない。なぜなら

毎日、毎日、時間をかけてしっかり清掃をしているから。

生徒ならそんなスタジオに通いたいでしょう。講師ならそんなスタジオでレッスンしたいですよね。掃除が行き届いている所は、生徒やスタッフ、講師1人1人にも気を配れる余裕があります。基礎が出来るから応用に行けるようなものです。そうやって集客の土台が出来てきます。

 

最後に

お店の掃除を、普段の家の掃除と一緒にしちゃダメです。家は3日に一回で良いかもしれませんが、お店は毎日です。掃除箇所も沢山あります。結構大変ですよね。どれだけ掃除しても10人中1人しか気がつかないかもしれない。けどその1人が喜んでくれればいい。そもそも自己満足でも良い。スタジオはスクールの命ですから、大切に、そしてキレイにしてあげましょう。

関連記事

  1. あなたの接客は大丈夫? 対応方法を変えるだけで集客が改善する

  2. インストラクターとの付き合い方ー未然にトラブルは防げる

  3. 鏡 掃除が楽になる最強のクロスと掃除方法

  4. レッスンレベルの設定、表記の大切さ

  5. 苦手な事は人に任せよう~サークルからスクールへの道~

  6. 生徒が上手くなるスクールの作り方ー環境の力で生徒は上手くなる

  7. 【ワンマン注意】ビジネスパートナーは多ければ多いほど上手くいく

  8. ダンススタジオ最大のリスク。それは騒音トラブル。

  9. 生徒同士、親同士の揉めた時の対処方法

PAGE TOP