タブー視されるお金の話。あなたの目標年収は?

スタジオオーナーの方、これからスタジオを作りたいと思っている方に質問です。胸に手を当て、正直に答えてください。

Q:あなたは年収いくらにしたいですか?

 

どうですか?答えられましたか?

実は・・ハッキリ答えられる人はほとんどいません。

目標年収を答えられない理由

ダンスの世界は、金銭的にとても厳しい世界です。ダンス系の職業は、恐らく平均年収が200万~300万代です。どの年代でもあまり変わらないでしょう。

だから先輩も同年代も後輩も、周りに稼いでいる人がいない。だから自分の年収が高くなるイメージが持てないんです。

芸術系・習い事系の業種な事もあり、お金の話は暗黙でタブー視されています。それにダンス関係全般で「厳しい・・」という話しか聞かない。

これでは”年収〇百万ぐらい行ける!”なんて自信を持つ事は難しいですよね。

しかしこの流れに身を任せてはダメです。

儲からなくていいという人

【ダンススクールでは儲からなくていい】と考えるオーナーが多いですね。

しかし実際に儲からなくても良いと言える人は、ほとんどいません。別の本業で十二分に収入がある方。お小遣い感覚でビジネスを出来るほどのお金持ち。お金を払ってでもやりたいというボランティア感覚の方などです。僕は会った事がありません。もし居たとしても相当の余裕がない限り、継続する事ができないでしょう。

実際は、ほとんどが諦めている人、自信がない人、あまり考えてない人です。

あなたはどうですか?

 

目標年収を決めよう

もし目標年収を答えられなかったら、今考えてみてください。

まずは200万あれば生活できますか?300万あれば安心ですか?500万あればハッピーでしょうか?1000万あれば十分ですか?もし3000万あったらどうでしょう。1億目指すぜ!なんて人がいてもいいですよね。

資金が・・とか、経験が・・とか、マイナスな事は一切考えないでください。期間なんて気にしないでください。

絶対この年収になるんだ!と思える金額です。

目標年収を立てるメリット

目標年収を具体的に決めるメリットは、考え方と行動が変わり、最終的な結果が変わるということ。

例えば目標800万だとしましょう。その目標がある事で、初めて800万利益が出るビジネスモデルを真剣に考える事ができます。

何も考えていない人が、800万の目標を立てようとしても(いやいやこんなに行ける訳ないでしょ・・)となってしまいます。しかし800万絶対達成する!となっていれば意識が全然違うんです。例えば利益が400万出ていたとしても、まだ目標の半分だなってなるんですよね。

またやり方を変える、規模を大きくする、人を入れるなどして目標を達成するために様々な挑戦をする事になります。正直、目標がなければそんなに頑張れません。

目標年収がある事で大きなモチベーションになるんです。

 

一般的にタブー視されるお金の話、まずは目標年収から向き合ってみてはどうでしょうか。

関連記事

  1. 広告費

    売上に対して使えるお金は〇%以下、売上の次に大事な費用管理

  2. スクール経営

    毎日最低30分は経営を考える時間を作れ

  3. 経営に行き詰っているオーナーは、ビジョンの力を信じよう

  4. 成功率を上げる!開業前の勉強方法

  5. 貸スタジオでやるスクール、経営の悩みはこう解消しよう!

  6. ダンススタジオ開業の時、お金いくら必要?思ったより高い初期投資額

  7. 最近はクラウド会計が主流、会計ソフトで経営者レベルを上げよう!

  8. 事業資金の借入は正義か悪か~Aさんの開業物語~

  9. 気になるスタジオオーナーの年収とは??目指すは年収〇〇万!

PAGE TOP