やっぱりSEO対策しないと!これが検索順位別クリック率(2017年版)

検索画面で何番目に表示されるか。競合他社との戦いが検索結果の画面から始まっています。

グーグルで検索ワードを入れて検索しますよね。

そうすると検索結果が表示されます。

結果画面で一番上に表示されれば、クリックされやすいわけです。

そんな事は誰でも分かります。

では検索結果の一番上である1位から10位まで、どのぐらいの確立でクリックされているか??

そのデータがInternet Marketing Ninjasから発表されました。

2017年のGoogle検索順位別クリック率

1位:21.12%
2位:10.65%
3位:7.57%
4位:4.66%
5位:3.42%
6位:2.56%
7位:2.69%
8位:1.74%
9位:1.74%
10位:1.64%

 

1位は10人検索して、2人がクリックします。

2位は10人検索して、1人がクリックします。

3位は10人検索して、0.7人がクリックします。

4位以降はクリックされる確立が格段に落ちています。

やっぱり1位~3位を死ぬ気で取りに行かないといけません。

ただし・・

やみくもに広い検索キーワードで1位になる必要はありません。

 

キーワードの選定が最も重要

ビックキーワードとは検索数の多いメジャーなキーワード。

スモールキーワードとは、検索数の少ないが具体的なキーワード。

 

ビックキーワードで1位になるのは難しい

例えば、吉祥寺でベリーダンススクールを開業しているとしましょう。

あなたのスクールに来る可能性のある見込み客は、どのように検索するでしょうか。

もちろん”ベリーダンス”というキーワードはかかせません。

しかしこの”ベリーダンス”というビックキーワードで1位になる必要はない。

ターゲットが広すぎるんです。

ベリーダンスの衣装を買いたい人かもしれないし、ベリーダンスを調べようとしている人かもしれない。ベリーダンスの動画を探そうとしているかもしれません。

大事なのは、ベリーダンスの次に来る言葉です。

スモールキーワードが重要

ベリーダンス+〇〇 (この〇〇がスモールキーワード)

このスモールキーワードがターゲットを絞り込みます。

例えば

”ベリーダンス 教室”

”ベリーダンス スクール”

”ベリーダンス 初心者”

”ベリーダンス 東京”

本当に吉祥寺でベリーダンスをやりたいという人は、

”ベリーダンス 吉祥寺 ” でしょう。

このようなスモールキーワードが足されれば、間違いなくベリーダンス教室を探している人です。

要するに、あなたのスクールの見込み客が、最も検索するであろうキーワード(ビックキーワード+スモールキーワード)で1位になれば、集客数が上がります。

 

まとめ

集客するキーワードの選定しよう(ビック+スモール)

そのキーワードで1位~3位になるサイト作りを行う(SEO対策)

関連記事

  1. 生徒目線でいると生徒が増えていく

  2. 生徒集客で絶対やってはいけない2つのこと

  3. 売上の上げ方は、生徒や保護者が教えてくれる

  4. レッスンに集客しなくなる意外な理由。当てはまったら要注意!

  5. そのホームページ、意味ありますか? SEOの合格ラインはココだ!

  6. 昔ながらの広告は集客しない!広告費ゼロで集客する仕組みを作れ

  7. 入会者獲得コスト

    広告費はここまで使える!1人あたりの入会者獲得コスト

  8. 金をかけるな!?売上を上げる第一歩【とても大事な話】

  9. びっくりするほど集客するダンスインストラクターの法則

PAGE TOP