スタジオ開業の秘訣は逃げ道をなくすこと!?ダンス一本で勝負してきた人達

ダンスインストラクターに将来についてインタビューしたらこう答えるでしょう。

Q:将来どう考えてる?

A:「ダンスが好きだし、動けなくなるまでダンスの仕事をしていく!」

Q:就職しないの?

A:「ダンス辞めて正社員?いやいや出来るわけないでしょ(笑)」

僕の周りはこのような人がとても多いです。一見、ダンスの道一本の人が多い気がしますが、実際は違う道でも食べていけるように保険を作る傾向にあります。

  • ”後々、実家を継ぐ予定”
  • ”契約社員とダンスの仕事を半々にしている”
  • ”本業はあって、副業でダンスの仕事をしている”
  • ”踊れなくなった時のために、資格を取得している”とかですね。

好きな事をやりつつ、いざという時にどちらにも転べるようにもちゃんと考えてます。確かに、賢い生き方かもしれません

一方、

ダンス一本で勝負している人たち

「私には”本当に”ダンスしかない・・」という方がたまにいます。収入の100%をダンスの仕事で稼ぎ、ダンス以外の事は興味がなく、ダンス以外の仕事をする気も起きません。そんなダンス一筋の人生を送っている人が、スタジオ開業では一番強いんです。

なにが強いか?

それは一点突破出来る力=”進むスピード”そして”問題を突破できる力”です。逃げ道がないので、正直失敗する事も出来ません。「もうやるしかない!」という状況に追い込まれる。こういう人は本当に強い。

それは今成功しているダンススタジオオーナーの傾向から見ても明らかです。

「スタジオオーナーをやる前は、ダンスで生計を立てていた」という方がほぼ9割。ということは開業前からダンス一本で生きてきたんですよね。このような方は、ダメだったらダンスを辞めて会社員になるとか、実家を継ごうとか、持っている資格を生かして仕事をしようという発想はありません。逃げ道がないからこそ、ダンスの仕事一本に力を注ぎ、その延長で開業というリスクを追い、今の成功があるのだと思います。

このように今成功しているスタジオオーナーの多くは、ダンス一本で勝負してきた人たちです。逆に考えると・・

スタジオ開業の成功の秘訣は、逃げ道を絶つことかもしれません。

本当はやりたくない、生活のためだけにやっている仕事があるなら、一度辞める事を検討してみましょう。

で、もし・・辞めたらどうなるでしょう・・??

収入が減ります。周りからは止められます。将来が不安になります。その代わりにダンスの仕事に集中して力を注ぐ事が出来ます。もちろん僕は責任を取れません(笑)  

あなたがもしスタジオ開業を本気で検討しているなら・・1点集中するために今から準備しておきましょう。

<追伸>

ちなみに僕もダンス一本で生きてきました。大学は出ましたけど、就活すらしたことがありません。家業は継がないと早々に宣言して、19、20歳の時にダンスの道で行くと決めました。親からは心配され、恋人からは結婚を考えて就職して欲しいなんて言われてきました。。しかし僕は・・

「将来?大丈夫。なんとかするよ」と言い続けました。まー貧乏でしたけどね(笑)

大卒で就職した友人は徐々に結婚していきました。子供を作り、家や車を買って、自由に海外旅行して・・。こちらは20代後半でも税金や年金もろくに払えず、結婚もせずに夢ばかり追う毎日。傍から見れば人生の負け組です。僕自身劣等感を感じつつも、辞めるつもりは1ミリもありませんでしたね。なぜなら・・

ダンスが好きで、仕事が面白かったから。

そんな感じで仕事にどんどんのめり込んでいきました。ダンサー → インストラクター → イベント・スクール運営 → スクール経営の順にその都度一点集中でやってきました。結果今の自分がいます。

本気でやれば以外となんとかなるもんです。

良いのか悪いは自分でも分かりません。ただ・・やりたい事に人生かけるっていうのも、ありだと思いますよ。

関連記事

  1. みんなここで失敗する。趣味ビジネスで儲からない理由。

  2. 経営に行き詰っているオーナーは、ビジョンの力を信じよう

  3. とにかくメインジャンルは一個に絞ろう!~よくあるNG例~

  4. 知り合いに頼む?業者に頼む際に大事なこと

  5. ダンススタジオ開業の時、お金いくら必要?思ったより高い初期投資額

  6. あなたのスクールが地域NO.1になる方法

  7. スクール開業はここからはじめよう!

  8. ダンススクールのエリア戦略~スタジオの平均家賃は〇〇万!~

  9. 1人で150人を教えるすごい先生。公民館スクールの成功条件とは?

PAGE TOP