事業収益を上げるモデル・給料を稼ぎ出すモデル

(い..忙しい..)
良いのか悪いのか分かりませんが、最近とてもバタバタとしています。
というのは言い訳で、ブログ放置気味ですいません。

さて、
最近、あるスクールオーナー(Aさん)とお話しする機会がありました。
レッスンのほとんどを人に任せていて、毎月50万を超えるオーナー報酬を得ている方でした。

一方、経営が苦しいというスクールオーナー(Bさん)ともお話しする機会がありました。
ほとんど自分でレッスンを行い、足りない分は外部レッスンでやって、月20万程の報酬を得ている方でした。

Aさんは暇でもお金が入り、Bさんが死ぬほど忙しいけどお金があまり入りません。

違いはなんでしょうか。
もちろん場所も違えば、コンセプトやジャンルも違います。
投資額も違うでしょう。

あえて1つ大きな違いを言うのであれば・・
ビジネスモデルの違いです。

Aさんのスタジオは、事業収益を上げるモデル

Bさんのスタジオは、自分の給料を稼ぎ出すモデル

基本、自営業ですからね。みんなBさんと同じように、自分の給料を稼ぎ出す商売をしています。

一方、事業として収益が出るモデルでは、極端な話自分がやらなくてもビジネスがまわり、利益を出す事が出来ます。羨ましいですよね。今日は、その事業収益を上げるモデルを紹介します。

まず、Aさんの話を紹介しましょう。

50万の利益が出るようになった経緯

「元々、フリーのインストラクターで月約20万ぐらいの収入でした。
お金をかけてスタジオを出すなら、もっと収入が増えないと割りに合わないなと思って。
最低でも利益額が月30万!って目標を立てて頑張ってきたんですよね。
基本ほとんど自分でやるというスタンスで、ガムシャラにやりました。
時間はかかりましたが、3年目で30万は残るようになりました。
でも、自分がフル稼働して30万って、ビジネスとしてどうかなと。
欲が出て来て(笑)
だから純粋な事業収益として、月30万以上を目指すようになりました。
今はなんとか人に任せて、オーナー報酬として50万程利益が出るようになりました。」

この話に、”事業として収益が出るモデル”を作るヒントがあります。

事業として利益が出るビジネスモデルの作り方

Aさんは、まず自分で死ぬほど働いてようやく30万の収入を得られるようになりました。
その後、人に任せていき、純粋なオーナー報酬として50万の利益が出るようになりました。
これが最終形としましょう。(人によって目標額は違いますが)
ここから逆算していくと、ビジネスモデルが見えてきます。

まず自分がスタジオでフルで働いたとして、どれだけの金額になるかを出します。
仮に、受付人件費15万分。レッスン15万円分の約30万にしましょう。

この30万分を人に任せて50万の利益を出すには、80万必要です。
ここに家賃と外注講師料とその他販管費をざっくりのせます。
仮に家賃20万、外注講師料15万、その他販管費10万程。
全部足すと125万円です。

もし会員制で単価5000円だとすれば、250人の会員が必要です。
単価10000円だとすれば、125人の会員となります。
仮に7500円としましょう。その場合166人の会員が必要です。

=166人の会員が通えるスタジオを作ればいいって事です。

月7500円に見合うサービス、会員166人でも十分収容出来るスタジオ、継続的な集客方法の確立など・・
考える視点が変わってくるはずです。
目標と課題が見えて来たら、1つ1つ着実に実行していきます。
数年試行錯誤してようやく、事業として利益が出るビジネスモデルが出来上がるという訳です。

上記の例では、人に任せても月50万の利益が残り、自分がフル稼働したら年収1000万近くいくでしょう。

自分が雇われの身であれば、いくら貰いたいか?

では、自分の給料を稼ぎ出すモデルから、事業収益が出るモデルに転換するためにはどうしたら良いでしょうか。まずは自分自身にこの質問をしてください。

「自分が雇われの身であれば、いくら貰いたいか?」

ちょっと考えてみてください。スタジオ経営者兼メインインストラクターの仕事を20万で受けますか?キツイですよね。もっと頂戴!ってなると思います。

ではいくらでしょうか??

これが”オーナーの労働力”という名の費用に乗らないコストです。そのコストを費用として考えてみます。その上で・・

「どれだけの事業収益を上げたいのか」

考えてみてください。

10万でも50万でも良いです。絶対に”プラスにする”という事に意味があります。考え方として投資した額に見合うリターンは欲しい所ですよね。恐らく・・とんでもなく売上が足りない事に気が付くと思います。

「ああ・・売上が全然足りない・・」

「よし!ここまで売上を上げてやる!」

「・・・で??・・・どうすればいいんだーー!」

となった方、よかったら御相談ください。

関連記事

  1. 広告費

    売上に対して使えるお金は〇%以下、売上の次に大事な費用管理

  2. タブー視されるお金の話。あなたの目標年収は?

  3. 四の五の言わずに利益を出せ

  4. 10月は繁忙期ですね!けど浮かれちゃいけません。

  5. みんなここで失敗する。趣味ビジネスで儲からない理由。

  6. 入会者獲得コスト

    広告費はここまで使える!1人あたりの入会者獲得コスト

  7. 変化をしないスクールは潰れるー体系的廃棄のすすめ

  8. 成功するオーナーが実践するスピード経営

  9. 知り合いに頼む?業者に頼む際に大事なこと

PAGE TOP