レベル2は自分の売上を分散すること

いきなりレベル2と書いてますが、今日は個人で経営しているスクール経営者向けに書きますね。

レベル1は起業開業そしてなんとか食べていけるようになること。そしてレベル2は自分の売上を分散させることです。

まず食べていけるようになるのがレベル1

好きな事で食べていけるなら、こんなに幸せな事はありません。
とはいえ、好きな事で商売をはじめていきなりドーンって売上が立つなんて簡単な世界ではないですよね。泥水すすりながら初年度を過ごし、2年目、3年目でようやく自分の給料が確保出来るようになってきた・・というのが現実の世界です。

僕ら自営業・小規模事業者は、大した資本もノウハウもなく、思いだけで突っ走っています。
そもそも食べていけるようになるだけで大成功と言えるでしょう。

本当に優秀な方でないと出来ない事です。

自分のビジネスで食べていけるようになった方、
まずはおめでとうございます!

今日はそんな優秀な方に向けたレベル2の話です。

自分の売上を分散していくのがレベル2

食べていけるようになったとはいえ・・個人スクールの経営者は、売上の大半を自分で稼ぎ出しています。

自分が病気になったらスクールが潰れるし、人気がなくなってきても経営が一気に傾きますよね。

すなわち自分のビジネスは、自分1人に依存しているって事です。この状態では、自分は鬼のように忙しいし、自分の給料を捻出するのも一苦労でしょう。インストラクター業ではないですからね。スクール経営では自分依存状態から脱却して、さらにスクールを成長させる必要があります。

売上を複数に分散して成長させる

売上を1点に集中させずに、複数に分散していると、リスクが分散されつつさらに成長していくものです。

自分が100の売上を上げているとすれば、3人に25づつ75を分散しましょう。
自分も含めて、4人で100の売上を上げるようにするんです。
そうすると・・今まで100だったのが不思議と150、200と増えていくでしょう。

なぜなら自分が100稼げれば、他の人も100稼ぐ可能性があるから。
いやもっといける可能性だってあるからです。

仕事が1/4になって売上も上がっていく。
もちろん売上が減るリスクもあるし費用が上がりますが、最終的には今よりは必ず成長していきます。

ちょっと感覚的な話ですが、ご理解頂けたでしょうか。

やっとビジネスが何とかなってきた頃・・
気を抜いてはいけません。
生き残りをかけた戦いはこれからです。

自分依存から脱却して、さらに攻め続けましょう。

関連記事

  1. 考えている事が現実に起こる。上手くいく所、いかない所の違い

  2. 地味に高い!?社員雇用のコスト

  3. ダンススタジオは以外と参入障壁が高い

  4. 気になるスタジオオーナーの年収とは??目指すは年収〇〇万!

  5. PLとBSとCFの話、最低限これだけは知っておこう

  6. スクールオーナーの仕事はレッスンじゃない!小さくても経営者

  7. スクール経営で”一番”大事な話、みんなに愛されるスクールとは?

  8. 小さい所は高く売れ!そして全力で働け!スクールの価格設定方法

  9. 理想のスクールを作る4つの質問、伸びるスクールはここが違う!

PAGE TOP