広告費はかけるな!?

「どんどん広告出さないと!あっちに10万、こっちに10万、ここは50万かけて・・あー面倒!代理店に月100万払っとこう!」

なんて比較的大きい店舗商売はやっています。大きな企業となるとそれが1000万単位、億単位となります。

大きい会社がそうならやっぱり必要なんだって普通思いますよね。

とはいえ会員100人150人程の小規模なスクールはビジネス規模が違います。大手と比べれば八百屋とスーパーぐらい違う。その小規模スクールではたして広告費をかけるべきなのか??

という極論的な話を今日は書こうと思います。

結論から言うと

広告は必要だが、広告費なんてほとんどかける必要ない

どういう事かというと・・

広告費ゼロでも集客できる

スクールビジネスで広告を出すには理由があります。

スクールに興味を持って頂き、初回の来店をして体験や見学をして頂くためです。

そこから実際に入会して継続的に通ってもらう事で売上が上がりますよね。言い換えると、

広告とは、新規顧客を獲得する目的で自社のサービスを広く告知する事です。

まあ当たり前の話ですが、ここからが大事な話です。

スクールを広く告知(広告)するのに必ずしもお金をかける必要はありません。

SEO次第でウェブサイトでも告知出来るし、集客できます(製作費と維持費はかかりますが)

口コミでも広まり、集客するでしょう。

今の時代SNSでも広まりますよね。

人が集まるイベントでスクールの告知しても集客できます。

という事は・・

新聞折り込みをしなくても、地域紙に広告掲載しないでも、ネット広告を出さないでも・・

やり方によってコストがゼロでも広告出来るし、新規を獲得できるという事です。

さずが大手では規模的に難しいでしょうが、地域密着の小規模スクールであれば十分可能です。

広告をかけないと集客出来ないスクールは魅力がない!?

もう一つ大事な話があります。

広告費をかけないと新規の獲得出来ない=新規の顧客から魅力がないスクールになっている

といっても過言ではありません。魅力がないスクールが高いお金を払ってバンバン広告を打ったらどうなるでしょうか。

初回来店してもらっても魅力がなくて入会しませんよね。だから大幅に金額を安くするんです。結果としてキャンペーンの時だけ人が入って、どんどん辞めていくスクールになるでしょう。

そうなると

湯水のように広告費を使い、沢山の入会者を獲得して、ザルのように退会していく。。これは大手が陥る魔のループです。

小さい所には小さい所なりのやり方があります。地域の馴染みの生徒さんが長年通っていただければいいですよね。良いスクールなら評判が評判を呼び、自然と新しいお客さんも増えていきます。そこに高額な広告掲載費も激安キャンペーンも必要ありません。

まとめ

このように広告に頼らずに集客できる地盤を整える事が大切です。

地盤が整った上で、サービスの拡大時や繁忙期などポイントを絞って広告を打っていきましょう。

結果、年間を通してみると非常に少額な広告費で集客できるスクールになっていきますよ。

注意:オープン時期はしっかり予算を取って、バンバン広告を出した方が良いです。

関連記事

  1. やっぱりSEO対策しないと!これが検索順位別クリック率(2017年版)

  2. 理想生徒があなたのスクールを作る!ターゲットを決める究極の質問

  3. 生徒目線でいると生徒が増えていく

  4. 売上の上げ方は、生徒や保護者が教えてくれる

  5. そのこだわりがスクールを潰す⁉廃業したオーナーに欠けていた視点とは..?

  6. お金を稼ぐための発想の転換 ~20歳で失敗から学んだ事~

  7. そのホームページ、意味ありますか? SEOの合格ラインはココだ!

  8. クラスの集客を上げる最も効果的な方法

  9. 入会者獲得コスト

    広告費はここまで使える!1人あたりの入会者獲得コスト

PAGE TOP